SOOさんの体験談「役所務めの成人ADHDの夫が両親の介護で鬱になり、2週間の休職期間を得て復職した話」

 

わたしの夫は、役所で働いています。

性格はどっちかというと、明るく、まじめです。

 

夫は3人姉弟の3番目ですが、いまから6年前に義父が、認知症になり、
介護していた義母が脳梗塞になり、地元には、私達夫婦しかいなかったので、大パニックになってしまいました。

 

義母は、生死の境をさまよい、義父の受け入れ先を探し…。

我が子は、まだ1歳の赤ちゃんだし。これからの病気のこと、金銭的なこと、家のこと。

 

悩みばっかりでした。

 

でも、役所にいたので、いろんな福祉の情報を知っていたので義父の受け入れ先は、

すぐに決まり、義母も、回復にむかっていました。

 

両親のことが落ち着き、仕事に復帰したら、仕事がたまっていたのと、

両親のストレスで、夫は、「仕事にいく!」と、いいながら行っていませんでした。

 

数日がすぎ、課長が、最近仕事に来てないと自宅に訪ねてきて、初めて私も夫が、おかしいことに気づきました。
すぐ、夫を探し、メンタルの病院につれていき、うつ病の投薬を始めました。

 

数日は、部屋にひきこもり、食事もあんまりとらず、どんどん重症になりかけましたが、

私が無理に隣町へドライブに連れ出したり、買い物に連れていったり、運動して汗を流させたら、

少しずつ回復し、休職二週間ほどで職場に復帰することができました。

 

また、次男が発達障害で、いろいろ調べるうちに、

夫もADHD(大人の発達障害)だなーって思いはじめました。

 

いまは、たまに、私にウソついて仕事やすんだりしますが、私は感がするどいので、すぐばれます。

夫は私に休むと言うと怒られるので、ウソつくようです。

夫婦で、とっても大変な体験をしたけれど、いまは、その時を思い出し笑えるくらいになりました。

 

そして、うつ病の原因になった、両親の病気のことは、仕事するうえでの、窓口で、アドバイスもできています。

大変なことって、実際に経験すると、相手の気持ちがよくわかるし、
的確なアドバイスもできるし、大変な経験も、自分の糧になったようです。

 

今も、仕事で、疲れるとどんよりしますが、疲れたときほど、運動して汗を流そう!と、夫婦できめました。運動して汗を流すとストレスも吹っ飛び、気分も爽快になります。

 

うつ病の薬は、たぶん一生飲まなければならないかもしれないが、
飲むことによって、どんよりしないので、気にしないで飲むべきだと思います。

 

あとは、サポートする人が、うつ病の陰のオーラに負けないこと。

絶対に社会復帰させてやるという、強い気持ちが大事だとおもいます。

いま、苦しんでいる人達、あきらめちゃだめです!前向きにいきましょう!

 

以上、体験談