こんにちは、Seamanです。

 

睡眠障害、憂鬱な気持ちで悩み、でも働き続ける同士はこのご時世非常に多いと思います。

世間一般でイキイキと働いている人の周りには、私みたいに漠然とした不安に押しつぶされそうになりながらも無理して働いている人もいる(現在は自宅療養中)ことを少しでも知ってもらえればと思います。

 

以下、休職直前の日記(内容がめちゃくちゃだったので、療養中に加筆修正しています)
とりあえず、当時は何をどうしたらいいか分からず必死でした。 

 

2019.5.27 (※6/17から自宅で療養してます)
 

「辞めたい」と伝えられなかった

(実際には後日、上司に伝えました。そして、会社側の配慮があり配置転換で対応して貰えることになりました。が、しかしその配置転換の事務手続き中に潰れました。)

 

(以下、当時の自分の思考、後にADHDと判明。)

今年、1月から通院している心療内科(個人院)では診察と薬の処方はして貰えるが、検査をすることはできない。その側面もあり、紹介状を書いて貰い大学病院で根本的な治療を始めることにした。

先日、大学病院の問診を受けた。が、今の環境のままでは自分の身体の状態は一向に良くならない。一向に治療が前に進まない。

 

大学病院の予約は2ヶ月先まで埋まっており、予約は個人院からFAXして頂く。大変苦労した。

(この時点で既に意識盲ろうとしながら働いている。)

 

いざ受診したときに驚いた、約4ヶ月もの期間、個人院に通院していたが、情報が全く共有されていない。初回の問診から次回の来院(検査)も1ヶ月先である。検査結果が出るのも更に2週間先。大学病院内での紹介はなく、他の科に掛かるには更に紹介が必要とのこと。たらい回しに合うことは確実で、原因究明と治療には時間が掛かる。

 (初めての状況で理解できませんでしたが、睡眠・精神科などは常に予約でいっぱいです。)
(頭の中が洪水状態で、今にもパンクしそうでした:脳内多動)

 

(以下、心の中の自分との葛藤)

現在、自分自身がストレスを抱え、思考停止になっている原因は居住地のコミュニティの狭さと、仕事への意義が見出せないからである、借金は確かに抱えているがもっと給料が欲しいなどの欲はあまりない。

 

今の「場所」、「職」に依存している理由は単に自分に自身がなく、今の会社を離れてしまっては仕事に就けないのではないか、と不安を抱いているからである。

 

(自分には常にこう言い聞かせていた、自分との葛藤はつづく。↓)

 

しかし、その心配はない。

家業がある、親族も小さな会社経営をしている、信頼できる知人の紹介からも職に就ける

お金がなくてもNPO法人で働く手もある、中小企業の後継者不足で悩んでいる人もきっと居る

熱意を伝えれば、紹介・格安で雇ってくれるかもしれない

金のためでなく、共感できる理念を持った経営者の下で働きたい。

 

(この時既に生きる価値を見失いかけ、自分に訴えかけ続けていた)

(葛藤はつづく。↓)

 

生きているのだから、

世界の端っこで何も刺激を受けずただ食い精神を病んで何の為の人生だ

刺激を受け、没頭しアドレナリン全開で全力疾走する人生を歩みたい

雇われではなく、お金以外の何かを得る為に働く。

スキルを求め、稼ぐ力を身につけ、想像を現実のカタチに起こし、社会に貢献する

社会をより良い方向へ導き、楽しみたい

 

以上が休職し直前に書いてた日記です。 
(この葛藤をした2週間後に潰れて産業医STOPがかかりました。後に、ADHDと判明。)
 

 

自宅療養中で少し冷静になってみてから読み返すと、

「甘いな〜、そう思うなら行動すればいいじゃん?」

って思いますが、その時既に私の思考は停止し、精神安定剤をかなり頓服してたこともあり、まとも考えて動くことはできませんでした。頭がぼんやりして頭が働かず、仕事は降ってくるのでストレスは増え続けるという、絵に書いたような負のスパイラルです。


(少し冷静になった)今でも、もうあの状況・環境には戻りたくないですね笑

負のスパイラルが始まると誰も得しないので、早めに上司に相談してよかったなー、と思います。相談が遅かったら、自分の状態はもっと悪化していたかもしれませんし、グループの他の人に仕事を振り分けてもらうことも難しかったかもしれません。

 

「俺はもっと苦労してるし、甘い!」と感じる方はいらっしゃると思いますが、今でも当時の自分を振り返ってみると既に限界で仕事なんてできる精神状態ではなかったと思います。今でも真っ当に逃げて良かったと思います。(後に、うつの背景にはADHDが潜んでることが判明)

他の人よりのストレス耐性が低く、脳内多動で勝手に潰れていった感じです。周りから見ると何もしていない人のに勝手に急に居なくなった人です。(※上司には伝えています)

 

これからは自分の脳が他人と少し違う特性を持っていることが分かったので、それを踏まえた上で、素直に向き合っていこうと思います。(心療内科の先生には昆虫家、画家タイプと言われましたww

また、潰れそう(死を感じたら)になったら、素直に逃げます。

生きていることが最優先です、まずは生きましょう。